フィラリア症と寄生虫の関係

寄生虫について

人間や動物に寄生して栄養として生き、人間や動物を宿としていますが寄生虫は宿がなくては生きていけません。

寄生虫は、寄生をする生き物の中でも動物に分類されているもののことを言い、寄生動物とも呼ばれています。

また、寄生するものの中でも植物は寄生植物と呼ばれています。寄生虫の中でも外に寄生してくる外部寄生虫、中に寄生してくる内部寄生虫といったものに分かれています。

内部寄生虫は使わない器官は退化していくため、発達する場合が多い「生殖器官」だけの体になってしまうことも多いです。

人間が生活の中で、現在では野菜などの肥料に糞便を使うことはなくなったため、感染は激減していますが、動物は食物連鎖を利用して寄生虫が宿主間を移動したりしています。それによって感染していくのです。

第二次世界大戦後、日本では多くの人が寄生虫に感染していました。しかしその後農業をする上で化学肥料を使うようになったり、下水道の整備、水洗便所が多く普及されるようになったことから衛生的な生活を送れるようになりました。

検査や駆除薬などによる対策で感染者は減少し、現在では寄生虫ついて知らない人も増えてきているようです。

最近はご飯やスイーツの美味しい食べ物の情報が沢山ある影響から生の食品や輸入食品が多くなりました。また海外旅行に行く人が年々増加してたり、ペットブームなどから寄生虫症が増えてきているようです。

寄生虫の分類と特徴

<原虫>

◆根足虫類
・・・自由に形を変えて動くアメーバ。【赤痢アメーバ】【多食アメーバ】など。

◆鞭毛虫類
・・・原生動物の中で運動するため鞭毛をもつ生物。【膣トリコモナス】【トリパノソーマ】など。

◆胞子虫類
・・・運動機能はなく、分裂による無性生殖・有性生殖で胞子を形成する生物。【マラリア】【クリプトスポリジウム】など。

◆有毛虫類
・・・体をつくっている細胞に線毛という短い毛がたくさんはえている生物。【大腸バランチジウム】【ヒトブラストシスチス】など。

<蠕虫>

◆線虫類
・・・細長く糸状の体で、一部は体の表面に剛毛を持っている。【回虫】【蟯虫】【円形線虫】など。

◆吸虫類
・・・口吸盤と腹吸盤と2つの吸盤を持ち、体が扁平。【プラギオルキス】【棘口吸虫】【有襞吸虫】など

◆条虫類
・・・体が長細く、扁平。サナダムシとも呼ばれる。【擬葉目】【円葉目】など。

<衛星動物>

人間の皮膚などの体表に寄生する。感染を媒介し、毒によって危害を与える。蚊、ダニ・ノミなど。

sumaho